2006103120160610月最後にご紹介のカクテルは・・・

パリを代表するデザイナー
“ナタリーリキエル”デザインによる限定ボトルが魅惑的なオリジナルカクテル

《FIVE KISS》です。

ディタ 1/2
アマレット 1/4
ローズシロップ 1/4
レモン 1tsp

ボトルネックに飾られた深紅のバラ、
シルバーのストライプ、ナタリーのサイン、
それにキスマーク、素敵です。

ロマンティックな甘さに思わずキスしたくなってしまいます。

すべての女性はバラを好み、
すべての男性はバラを好む女性を愛する・・・


ナタリーリキエルさんからのメッセージです。(納得です)

マスケラードにお越しの際は是非、
このリキュールのカクテルを飲んでみてください・・

最近マスケは新婚さんラッシュなのです。
10.31 (Tue) 20:16 [ カクテル ] CM4. TOP▲
2006_10290041.jpg本日ご紹介するのは・・・

素敵な女性バーテンダー達が
優しい笑顔で迎えてくれる

《バー グレイ》さんです。
昨晩おじゃましました。(お酒こぼしてすいません^^)

わずかな時間だったのですが、
そのみなさんの素敵な笑顔・・・
勉強になりました。

なかなか女性バーテンダーさんのお店に行く機会はないのですが、
何か新しい発見をしたみたいで・・・

また、撃沈する前にお邪魔できたらいいなと思っております。

10.30 (Mon) 19:01 [ 日記 ] CM0. TOP▲
20061029193141みんなで楽しい食事中です。

シャワー通りの素敵なお店です。

とても楽しいですねー
10.29 (Sun) 19:31 [ 日記 ] CM0. TOP▲
20061028184036昨晩はある時間から突然、
戦闘モードに突入してしまいました。
素敵で楽しいお客様ばかりなのです!

(凄く幸せです)

そして何時ものように無敵モードへ突入し・・・
(気が付けば朝・・)そしてまた気が付けば・・

ドヨヨ~ン、

なんと貴重なジョニ赤《特級表示》を開けてるではないですか!
『ごめんね、K島君・・まだあるから・・』

最近調子に乗りすぎみたいです(すみません)

写真は問題のジョニ赤です。
あと半分あります。

これは、もー一緒に飲んじゃいましょう!のサインです。
10.28 (Sat) 18:40 [ 日記 ] CM13. TOP▲
20061026191322本日は、熊本市現代美術館で先日まで行なわれていた

【生人形と江戸の欲望展】のご報告です。

行かれたお客様も多かったのではないでしょうか?

もう2年ほど前になりますが、
松本喜三郎とそれを全面修理した
江島宗次郎の手による『谷汲観音像』(浄国寺蔵 熊本市)を拝した瞬間、
ただその場に立ちつくし、
身動きが出来なくなるほどの衝撃を受けたのを覚えています。

感動、感激・・・
心の中に確実に何かが残りました。

熊本市は
世界を驚かせた二大生人形師である、
松本喜三郎と安本亀八の故郷なのです。

今回の“生人形と江戸の欲望”展には
安本亀八さんの【相撲生人形】(熊本市が平成17年にデトロイト美術研究所より購入)が展示されていました。
物凄い迫力なのです。
これが本当に人形なのでしょうか!?
もうスゴイとしか言いようがないのです。

二人の生人形師の事についてもっと勉強し、
これから熊本に来られるお客様に是非ご紹介したいと思っております。
10.26 (Thu) 19:13 [ 日記 ] CM6. TOP▲
20061024190807本日ご紹介するのは・・・

タマーニョが描いた、オレンジのバックに白い顔のピエロを配したポスターがこのリキュールのトレードマークを作り上げるもとになりました。

『コアントロー』です。

フランスのアンジェはナントの港に近く、
そこに西インド諸島産のオレンジが荷揚げされていたことから“コアントロー”が誕生しました。

西インド諸島の苦味のあるオレンジと、
地中海岸沿岸の甘いオレンジを混ぜて作っていたそうです。

会社設立が1849年、
今でもバーには必ず置いてあり、
製菓用としても必需品です。(凄い事です)

マスケラードにお越しの際は是非、
コアントローを飲んで、
その甘味からアンジェの事を想像してみてください。
穏やかな気候みたいですね。
20061023192900本日ご紹介のブランデーは・・・

1898年、現在のグラッパ生産の中心であるバッサーノ・デル・グラッパの近く、スキアヴォン村に設立された最も古い歴史をもつ蒸留所
『ヤーコポ・ポリ社』で生産されている

《SASSICAIAサッシカイア》です。

トスカーナ州で、
カベルネ・ソーヴィニョンと少量のカベルネ・フランから、その搾り残しを蒸留して作られます。

約4年間フレンチオークで熟成させて、
蒸留水で40%に薄められて出荷されます。
(イタリアでは一般に樽熟させないものが多いです。)

多少のクセはあるのですが、芳醇な香りと独特の味わいは忘れられない味わいなのです。

マスケラードにお越しの際は是非、
イタリア・ワインの銘酒といわれるサッシカイアを飲んでみてください。

マスカットを頬張りながら・・・最高なのです。
20061022145625一道窯作陶展に来ております。

可愛らしい陶器が沢山です。

素敵ですね~

陶芸家の感性の豊かさに驚かされるばかりです。

創造したものが形になる・・・

勉強になります。
10.22 (Sun) 14:56 [ 日記 ] CM4. TOP▲
20061020191239本日ご紹介のアイリッシュは・・・

ラベルにアイルランドの国花である
“シャムロック”が
可愛らしく描かれているブラッカダー社の

【A DROP OF THE IRISH】です。

ブッシュミルズの7~12年のヴァッティングです。
ノンチル、ノンカラーリングです。

アイルランドには“3”にまつわる神話や伝承が多くあります。
(聖パトリックやケルト神話の三組神など)

どうやら“3”枚の葉を付けたシャムロックは特別だったみたいですね。(詳しくは調べてみて下さい)

マスケラードにお越しの際は是非、
このアイリッシュを飲んで、
遠い異国のアイルランドを想像してみて下さい。

秋の夜長には最高のウイスキーなのです。
20061019190408呼んでいました・・・
しかもJ&Bまで・・・

昨晩は仕方なくヒラの課長と飲んでいたのですが、
なんと!八年ぶりでしょうか?
同業者の住〇君が
可愛いマ〇ちゃんといらっしゃったのです!

もー久々で嬉しくて、
ヒラの課長の事なんか忘れて
飲んでしまいました。(毎日?)

その後は無敵モードに突入し、
いつもの通りでございます。

写真は無残にも毎日空になってるジョニ黒とJ&Bです。

これは“今日も一緒に飲みませんか?”
のサインです。
10.19 (Thu) 19:04 [ 日記 ] CM11. TOP▲
20061018184235軽い昼食を済ませ、
気持ち良く昼寝をしてる時にメールが・・

「鶴屋でヨーロッパ大食品店やってますよ・・・」

可愛い三男ちゃんからのメールでした。

一瞬“合コンの誘いかも^^”
と思ったのですが、
そんなはずもなく「ふんっ!」と思いながらいざ鶴屋へ・・・

写真は今日の購入品です。
オリーブ(アンチョビが中に詰め込んであります)
セロリとローズマリーのクラッカー、
美味しいアーモンドに
中沢クロテッドクリーム(本場イギリスのより美味しいかも!)
カール・ラガーフェルドデザインの
ドンペリまでありました(買ってません)

そして何よりも、我が熊本からは
《パティスリー・ビジュー松尾代表(独身!)》
が腕を奮っておりました!
ブールドネージュを購入です。

今日もこの美味しそうなおつまみと一緒に・・・

ジョニ黒が呼んでいる気がします・・・
10.18 (Wed) 18:42 [ 日記 ] CM4. TOP▲
20061017191602本日ご紹介のモルトは・・・

1963年ある決断をする事により、
その後大躍進することになった《GLENFIDDICH》です。

決断とは、当時ブレンデットに支配されていた業界なのですが、
なんとシングルモルトとしてボトリングを始めたのです。

業界の失笑をかった事でしょう・・・
しかしこの勇気と決断が・・

今のモルト業界を見れば明らかです。

市場に出てくるのに10年、20年かかります。
このグレンフィディクから学ぶ事は多いようです・・・

マスケラードにお越しの際は是非、
この断固たる信念のフィディクを飲んでみてください。

絶対に勉強になりますから。
20061016192537『一道窯作陶展 2006』のお知らせです。

渋ーい旦那さんと素敵な奥様の高田ご夫婦です。

「花を生けるとき、料理を盛るとき、
ふと心が和むシンプルな器づくりを心掛けています・・・」


伝統工芸館が呼んでいる・・・

是非みなさまも一道窯を
この機会に御覧になられてはいかがでしょうか・・・

私とはまた違う世界なのですが、
是非、
勉強をさせてもらいに行こうと思っております。

平成18年10月17日(火)~22日(日)
AM9:00~PM5:00 熊本伝統工芸館(2F)
10.16 (Mon) 19:25 [ 日記 ] CM6. TOP▲
20061014062525あー  これって朝焼けですかねー?

よくわかりません。

またまたやらかしたみたいでーす!

明日も飲むもんねー。

K島くん、帰るなよー!
10.14 (Sat) 06:25 [ 日記 ] CM13. TOP▲
20061013180139ついにサンプルが届きました。
サントリーの

“オーナーズカスク”です。

樽ごと買って
自分のお店用にボトリングします。

なんと!九州では個人店では初めてなのです!

値段がやたらに高いため

『コロンさん(次男)・アンドリュースさん(三男)』
達と協力しあって購入しました。
ラベルにはそれぞれのお店のロゴが入ります。

お客様には一本¥10500でお譲りいたします。

絶対にお買い得です。

モルト好きな人も、
そうでない人も是非記念にどうでしょうか?

九州初ですよ!初!

〈ブログでも受け付けております。早いもの勝ちです。〉
20061012194306本日ご紹介のモルトは・・・

蒸留所近くに棲息すると伝えられている
"ドラゴン伝説"
をイメージしたボトルデザインになっている

《ボウモア30年》です。

同蒸留所の最高級の希少モルトです。
非常に複雑な味わいのあるモルトで、
スパイシー、ラベンダー、
アフターテイストが特に素晴らしく感じました。

マスケラードにお越しの際は是非、
30年を味わってみてください。

本当にドラゴンがいたのかもしれませんね。
20061011211552インターネットが繋がりません。

困りました。

心優しい人、誰か教えてください。

携帯から記事はアップしております。
10.11 (Wed) 21:15 [ 日記 ] CM7. TOP▲
20061010235801本日ご紹介のウイスキーは・・・

1791年創業。
幾多の苦難を乗り越え、
現在はミドルトン蒸留所で生産されているアイリッシュ、
《ジョン・パワー》です。

ダブリンの蒸留所が相次いで閉鎖に追い込まれるなか、
最後まで踏張ってたそうですが
1976年、ついに百八十五年の歴史に幕が降ろされました。

時代の流れには勝てなかったのでしょうが、
現在は別の方法で復活してます。
古きを捨てるのも
また新しい復活の為の力になる事もあるのですね。

凄く勉強になります。
20061009172024穏やかな波音・・

心なごむ潮風・・

ロマンティックな夕日・・・

優しい秋からの贈りものみたいです。

こんな日常もいいのかもしれません。

               天草西海岸より。
2006_10080044.jpg本日ご紹介のカクテルは・・・

とても嬉しい一日でした。《最後の時まで》です。

もう、何も言う事はありません、
幸せいっぱいの二人には、多分何でもありなのです。

ジョニ黒をシャンパンで割って飲んじゃいましょう!

42歳と25歳・・・(しかも奥様すんごい美人)

もうどうでもいいのです(うらやましい!)

御幸せに!!

10.08 (Sun) 19:21 [ カクテル ] CM2. TOP▲