上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060531185727本日ご紹介のカクテルは・・・
《ROSSO MELODIA PART2~》です。
あまりに素敵な詩なので、
またまたカクテルを作ってしまいました。



おしゃべりが尽きたから  店を出ましょうか 
小雨にあてられ  少し歩こうよ
私の肩先が  あなたの腕に触れる度 
心が色づいてゆく  紅のメロディア・・




何度聞き返しても心に響きます。
こんなカクテルが作れたら・・と、
勉強の毎日です。
スポンサーサイト
05.31 (Wed) 18:57 [ カクテル ] CM5. TOP▲
20060531023011僕の仲良しの宮崎地鶏のお店のマスターです。
結婚13年おめでとうー!
と、いうことで、玄関に入ってすぐに、
“マスケ”と言ったら、先着13名様に限り、なんと!
生ビールを一杯サービス!だそうです!
みんなで行きましょう!(ちなみに、マスケのビルの二階ですよ)
05.31 (Wed) 02:30 [ 宣伝 ] CM4. TOP▲
20060530163319プレミアム・ハバナ・シガーの有名ブランドのひとつ。

『Romeo y Julieta ロメオYジュリエッタ』です。

1875年にハバナの市場向けに作られ始め、
1903年にロドリゲス・フェルナンデスがブランドを買い取りました。
その後急激に人気を獲得、
2年後には世界で最も売れるブランドとなりました。

初めはダンヒル・ハバナを作っている
アルバレス・ガルシアの工場で作られていましたが、
現在ではパルタガスの工場で作られています。

写真はロメオNO3です。
ロメオ特有の茶褐色のラッパーで巻かれていて、
木の香りがとても滑らかで、デイリーシガーにお薦めの一本です。
05.30 (Tue) 16:33 [ シガー ] CM2. TOP▲
20060528205131ただ今大先輩の
”SHOTS”さん所に来てます!

素敵なKながさんと
久々の再会で楽しいです!
05.28 (Sun) 20:51 [ 日記 ] CM6. TOP▲
20060528155124本日は、

アイラ島に一緒に行った

f本さんのご自宅におじゃましております。

Oとちゃん、まりちゃん、

アンドリュースの素敵な奥様と

テレビデビューしたくにちゃん、

それにコロンのTるちゃん、

写真は中庭です。

とても素敵なお家で感激してます!

羨ましいお家です。
05.28 (Sun) 15:51 [ 日記 ] CM2. TOP▲
20060526193018本日ご紹介のカクテルは・・・

『Gentle Heart やさしい心・・・』です。

不思議なバーの空間に、
突然いらっしゃるお客さま・・
その沢山のお客さまの中にごく稀に、
バーテンダーの心の中に
何かを残していかれる方がいらっしゃいます。

言葉では言い表わせない
  “何か”なのですが、
そんなお客さまの為にも
心のこもったカクテルをお出しできるように、

日々 やさしい心
お待ち致しております。
05.26 (Fri) 19:30 [ カクテル ] CM7. TOP▲
20060525192112本日ご紹介のモルトは・・・

《MACDUFF マクダフ(グレン・デブロン)》です。

蒸留所名とブランド名が違う、
数少ない例外の一つです。
【オフィシャルはグレン・デブロン、瓶詰業者はマクダフ】

写真は昨日ご紹介したパリシリーズのマクダフです。
ピカソやルノアールなどが創作活動の拠点としていた芸術の丘・モンマルトル・・・その丘にそびえるサクレ・クール寺院が描かれています。
高さ85mのロマネスク・ビザンチン様式の寺院です。

是非とも素敵な女性?と行ってみたい場所ですよねー(笑)
20060524181813本日ご紹介のモルトは・・・

MOON IMPORT PARISシリーズ
《ALLT-A-BHAINNE アルタナベーン》です。
創業1975年。

このムーン・インポート社のパリシリーズのラベルには、地元の学生でいつも賑わう

ポンピドゥー・センター

「レンゾ・ピアノ設計、(現代的芸術創造)をテーマに1977年にオープンした総合現代芸術センター。」が描かれています。

ラベルを眺めながら
チューブ状のエスカレーターに乗ってパリを展望するのを想像しながら飲むのもいいですよね!
20060521151527本日はお休みなので、

巷で噂の“佐賀牛”を食べに佐賀までやってきました。

九州NO1の噂どおりの美味しさで、
大満足です!(こらぁ~ジャジボーク!)
05.21 (Sun) 15:15 [ 日記 ] CM14. TOP▲
20060520200914《NEPTUNE ネプチューン》(左)

モダンで個性的なカットです。
バカラのデザイナー、トーマ・バスティード作。
ローマ神話に登場する海の神の名で、
曲線と光のさざめきが、海を想起させるそうです。

《TALLEYRANDタリランド》(右)

1937年につくられたシリーズで、
その名はフランスの名高い外交官
タレーランに由来するそうです。
大胆なフラットカットで、
ダイヤモンドのように光を放ちます。
20060519190312
1764年、ロレーヌ地方の村バカラに、
ルイ15世の認可を受けてガラス工場が誕生。

1817年、本格的なクリスタルづくりが始まり、
やがて「王者たちのクリスタル」と冠されるようになりました。

写真は《MASSENA マッセナ》1980年作。

ナポレオンに“勝利の女神の申し子”と呼ばれた、
著名な陸軍元帥の名にちなんでいます。

マスケラードにお越しの際は是非、
手ごたえあるクリスタルの重みに歴史の深さを感じながら味わってみてください。

きっといつもと違う大人の夜になるはずです。
20060518200038あまりの輝きに
カウンターのバラが写っています。

じめじめしたこれからの季節に、
カキーンと冷たいシルバータンブラーで、
すっきりとしたカクテルなどいかがでしょうか?

ジントニック・モヒート・モスコなど・・・
なんでも作ります。

一度試してみて下さい。
20060517184847.jpgアイラ島で出会ったねこです。

夜明け前にフィンラガン湖に行った帰りに出会いました。

もうあれから一年がたちます。

(早いものです)

05.17 (Wed) 18:55 [ 日記 ] CM3. TOP▲
20060516180056
ついにやって来ました!

“桃”“もも”“モモ”の季節です!

温室の桃なのですが全く問題ありません。

この桃で作るフローズンはやたらに美味しく、
お客さまもきっと満足することでしょう!

とりあえず私が一番にまるごと食べちゃいます。

すいません。

ハハハー^^
05.16 (Tue) 18:00 [ カクテル ] CM7. TOP▲
20060515195425本日ご紹介するのは・・・
スコットランド生まれのジン

《BOODLES ブードルス》です。
1945年生まれでロンドンの
「ブードルス・クラブ」にちなんだ銘柄名です。
ベースとなるグレーン・スピリッツ(穀物の蒸留酒)に
減圧蒸留方式という方法で香味付けを行なうので、
ジンのフレーバーが際立っています。

コクがあり、少々の甘さ、
そして切れ味のあるジンです。

マスケラードにお越しの際は是非、
このスコットランドのジンでマティー二を飲んでみてください。

大人のマティー二なのです。
05.15 (Mon) 19:54 [ カクテル ] CM4. TOP▲
20060514161528
自分が住んでる水前寺公園の裏に、

こんな家がありました。

(夏目漱石旧居 第三の家)

恥ずかしながら、

初めてきました。
05.14 (Sun) 16:15 [ 日記 ] CM5. TOP▲
20060513161824
DOMMES 2ndの店内です。

セピア色の世界は
一人でもゆっくり落ち着ける空間なのです。

日曜日も営業しております。
是非一度行かれてみて下さい。

お昼のカフェタイムでは、
中国茶もお出ししております。

(宣伝でした)
05.13 (Sat) 16:18 [ 宣伝 ] CM6. TOP▲
20060512192727本日ご紹介のカクテルは・・・

《ブランデー・サワー》です。

ベースはウィスキーでもブランデーでも、
その他のスピリッツでも何でもよく、
レモンと砂糖を加えて、よくシェークします。

ソーダは使わないのが原則ですが、
ソーダ、シャンパンなどで割ってアレンジしてもよいです。

もう梅雨に入ったみたいなこんな天気の時に、
あっさりとして酸味のあるサワースタイルなどいかがでしょうか?
05.12 (Fri) 19:27 [ カクテル ] CM7. TOP▲
20060510222745本日ご紹介のモルトは・・《ISLE OF JURA》です。

ジュラ島はスコットランドの、インナー・ヘブリディーズ諸島を形成する島の一つです。
中心はクレイグハウス、この村でアイル・オブ・ジュラは生産されています。
ジュラという名前は北ゲルマン語群で「鹿」を意味する言葉に由来すると一般にいわれています(島には多くの鹿がいるそうです。)

華やかで甘口、飲みやすいモルトです。
かつて、道路の終わりのバーンヒルには、ノーベル賞作家〈ジョージ・オーウェル〉の別荘があり、彼はここで《1984年》を執筆しました。

カリラ蒸留所からみたジュラ島はとても穏やかな感じの綺麗な風景でした。(もう一年たちます)
20060509163623本日ご紹介のカクテルは・・・
「イタリアン・ソルティードッグ」です。

イタリアとエチオピアの戦争で武勲を立てた
ジュゼッペ・ガリアーノ陸軍少佐に由来するリキュールをつかいます。
バニラ、アニス、ジュニパー・ベリー、ヤロー、ベリーや花など栽培植物、
などから成り立っています。

ガリアーノの輝くばかりの黄金色は、
最後にサフランの雌しべにより着色するらしいです。

大人気のソルティのイタリアン、
甘味があって食後にぴったりです。

ちなみにボトルのデザインは、
ローマなどの寺院に見られる
コリント式の円柱にヒントを得たものみたいです。
05.09 (Tue) 16:39 [ カクテル ] CM4. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。